業務内容

経験豊かな海務監督、工務監督の指導・監督のもとに高度な船舶保守管理を行い安全運航に努めています。船員配乗業務については、これまで培ってきたノウハウを活かした質の高いサービスにより国内外の船主から厚い信頼を得ています。

1) 船員配乗業務

国内外30社以上の船主所有船並びに社船合計100隻を超える船員配乗業務を委託されています。
ニーズに合わせた適材適所の船員配乗、現地船員配乗代理店の的確な対応、きめ細かい総合管理のトライアングル体制により船員配乗業務会社のリーダー格としての地位を確立しています。また、フィリピンの現地船員配乗代理店オロフィルシッピングにおいて駐在社員による現地陸上スタッフ及び船員への直接指導・教育が行われており、両社間における緊密な連絡体制による優秀な船員の確保に努めています。さらに、品質管理システムISO9001:2000に基づいた運営管理を徹底し、事務の能率化を図っています。

また、下記各国船員配乗代理店においてもSMSマニュアル(Safety Management System manual:安全管理システムマニュアル)について乗船前研修・教育、下船後の再教育を十分に行い、安全運航管理指針の浸透を図っています。


船員配乗代理店

■フィリピン Orophil Shipping International Co., Inc. / Fair Shipping Corporation

■ミャンマー Miraco Marine Services Pte., Ltd. / JSM International Ltd.

■中国 Sino Star Marine Services Pte., Ltd.

■韓国 Dae Ah Shipping Co., Ltd. / Dongjin Marine Co., Ltd.

また、当社が資本参加している4年制商船大学VMA GLOBAL COLLEGE(フィリピン・バコロド市)は、フィリピン国内でも5本の指に数えられる海技大学の名門校として毎年数多くの優秀な海技従事者を世界の海に送り出しています。国際ルールに基づいた技術及び知識習得の場としてトレーニングセンターを併設する等、充実した教育環境の整備・提供に努めています。

2) 海務管理業務

SMSマニュアルは、ISMコード(International Safety Management code:国際安全管理コード)に掲示されている指針(A)海上における人命の安全、(B)船舶の安全運航、(C)環境の保護を規範に構築されています。
内部監査をはじめとして、(財)日本海事協会による外部監査で指摘された事項に対する是正処置、ISPS(International Ship & Port facility Security code:船舶と港湾設備に関する国際安全規定)に基づいた保安管理、PSC(Port State Control:寄港国による統制)による検船への対応など多岐にわたる業務を行っています。また、国際条約に準拠した規則や運航上必要な港湾情報、海賊情報、天気情報を含む参考資料等の提供、本船からの質問事項への適切な対応によって本船の安全運航を実現しています。
将来の船舶管理業の充実を図るため、若い監督の乗船経験・育成などにも積極的に取り組んでいます。

3) 工務管理業務

経験豊かな監督の技術指導・監督のもとに高度な船体及び機関の保守管理業務を行っています。
国内外の一流造船所のネットワークを活かした入渠修繕の実績を積み重ね、綿密な船体保守管理に関して船主及び関係先より厚い信頼を得ています。万一、本船に緊急事態が生じた場合には早急に対応し解決出来るよう日頃より世界の各造船所、修繕業者をはじめとして、各機器メーカーその他関係機関と提携し、本船の安全運航を強力にサポートできる体制を構築しています。